50の手習い、初ブログ

50代の専業主婦です。日々の事と、ドラマや本、ニュースなどの感想を書いていきたいと思います。

『あなそれ』あなたのことはそれほど第5話ーお天道様の罰が当たった!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 

このドラマ、狙ったかのように、毎回どこかにサイテーエピソードがありますが…

 

前回、有島が、子供の発熱を理由に、みつの誕生日の約束をドタキャンしました。

そのとき、みつは

「なぜ来られないの!?

有島くんがいても赤ちゃんの熱が下がるわけじゃないのに!」と、

かわいい顔してシレッとサイテーな事を言い放ち、有島に呆れられ、「無理だ」と言われてしまいます。

ええ、私もそう思いますよ。

無理でしょうとも。

 

そんな経緯があり、ガックリしたみつに涼太の『永遠にみっちゃんを愛しますっ!』宣言がみつをますます追いこんでいきます。

 

だからって。

有島の自宅に訪ねて行くなんて!

(陶芸教室のお遣いをわざわざ買って出ましたー)

いくら嘘が下手な、かわいい、そして女子力高いお嬢さんでも、想像力がなさ過ぎませんかね〜。

結局は自分の首を締めることになるのだと思いますがいかがでしょう。

 

当然の如く、麗華は浮気に気づきます。

そらそーでしょ。

平日の朝っぱらから、夫が出かけた直後に、おめかしした女の子が『ご主人の同級生でぇ~』なんて訪ねて来たら、私でも気づきますよ。

じゃなきゃ怪しい勧誘かと恐怖を感じますよ〜。

 

みつにルール違反を責める有島。

麗華の作ったお弁当を食べながら。

 

ついに涼太が宣戦布告するかのように有島の前に現れます。

 

恐怖を感じる有島。

みつからの電話に、『終わりにしよう』と告げます。

 

涼太からは、『お天道様の罰が当たった!笑い』みたいなメッセージがカミナリの画像とともに届きましたよ~

 

こわー。

 

涼太は怖いけど、本当に怖いのは、みつですよ。

涼太に追い詰められてもなお、有島を繋ぎ止めることの方が大事なのです。

親友の香子に呆れられています。

香子は、このドラマの中の『モラルの象徴』ですね。

 

それにしても有島は、麗華が好きなのですね。

過去のエピソードも出てきましたが、軽い男だけど、女を見る目はある!と思われたかったから麗華を選んだのですか?

いや、そうは思えません。

大事な存在だけど、女性としてより、『母親』みたいに思っているのでしょうか。

 

みつにとっては、なかなかの強敵なのではないかと思います。

 

ありがちですけど

『コンビニ行って来るわー』

と言って、携帯を持って出かける旦那さんって、ほぼ『クロ』ですよね。

 

こういうドラマは、夫婦で見るなら、笑って楽しめたら良いですね。

 

まぁ男性は、もともと好まないかも知れませんね。

 

『お天道様は見てる』と、心に強いものを持って(みつも、かつてはそうだったようですが)いつも生きていられたら、太陽の下を顔を上げて歩いて行けたら、幸せなんだと思いますけどね。

 

ところで山崎育三郎くん(役名を忘れました。涼太の同僚ですね。彼、もしかして、涼太のことが好きなのか??!)たら、「お天道様は、夜は出てないもんねぇ。」なんて、一人で上手いこと言って若干酔いしれてますけど〜

 

個性派揃いの『あなそれ』

また次回も見守っていきたいと思います!